動きのblog

主にリハビリテーションやケアで「人の動き」について書いています。

多くの人が勘違いしている『バランス機能』

皆さんはバランスの向上というと

何を基準にしていますか??


バランスの良さを測ろうとするとき

よく片足立ちにして

何秒保てるかという

ことをよくしますが、


実は

この考え方では

バランスが向上することは

難しいです。


これは

根本的にバランスとは

何かを

知らないためです。

 

多くの人がバランスについて

根本的に勘違いしているのです。

 

そもそもバランスが良いとは

何でしょうか??


立位バランスが良い

とか

座位バランスが良い

とか

何を持ってそのように言えるのでしょうか??

 


立位を長時間保持できるから

座位が長時間保持できるから

バランスが良い??

 

これはバランス機能のごく一部なのです。

もしかしたら

バランスが良くなる逆の場合もあります。

 

いくら長時間座位を取れたとしても

少し動けばコロンと

倒れるようでは

バランスが良いとは言えません。

 

体を固めて

揺れないようにすれば

長時間座位をとることは

可能かもしれませんが、

 

少し押せば

ポテと

倒れるような座位では

何も座ってすることが

できません。


同じ姿勢を長時間保てることが

できても

全く動かなければ

バランスが良いとは

言えません。

 

つまり

片足立ちをいくら長時間

行うことができてたしても

その時間が長くなったとしても

歩行の機能が

上がるわけではありません。

 

歩行の機能にこだわるならば

長時間保持するのではなく

その中で動きながらバランスをとる

能力が求められます。

 

例えば、

複雑な地面で歩行するとき

登山やバイキング

もしくは

凸凹道やぬかるみを歩く

などは

 

片足立ちを

長時間保持する能力という

よりも

 

片足立ちで色々な方向に

揺れたり

体を捻ったり、反らしたり

する能力があるからこそ

 

色々な

地面でも状況でも

その際に体を適切に調整し

歩くことができるのです。

 

つまり

それが、バランスです。

バランス能力とは

体を固めて保持する能力ではなく

 

不安定な状態でも

揺れたり、体全体を動かしたり

できる能力です。

不安定なところを

体を固める歩く能力ではありません。

 

 

言い方は変に感じるかもしれませんが

「揺れることができるからこそ、倒れない」

のです。

 

 

揺れることは

 

揺れ行くことと、戻ることとセットです。

 

揺れるということは戻ることができてこそです。

 

 

振り子を見てバランスを感じるのは

 

揺れて戻るという動きの繰り返しだからです。


歩行するとき

よくこけそうになる人は

例外はありますが

ふらついるようで

全身を固めているのです。


傾くけど、揺れ戻れないのです。

 

 

コケそうになる人は

 

揺れにまず行くのではなく、

 

何かの表紙で傾きます。

 

そして揺れ戻ることも

 

できない。

 

 

それが


バランスが取れない

 

ということで

ポテっとこけることになるのです。

 

立位でバランスが良いとは

立位で保つ能力ではなく

立位で色々な動きができる能力です。

揺れたり、体を捻ったり

曲げたり、伸ばしたり 

他にもたくさん。

 

そして

立位て色々な動きができるからこそ

歩いたり

立ったままズボンをはいたり

立ってトイレをしたり

色々な活動ができるのです。

 

ですから

バランスの向上を考えるのであれば

立位で保持する時間を測るよりも

 

立位で

どれだけ色々な動きができるかを

しっかり検討していく

ことが必要です。

 


そしてバランスの向上の為に

その検討した動きから

バリエーションを増やしていく。

 

それが立位バランスの向上であり

立位昨日の向上なのです。

 

バランスは固定ではありません。

バランスの本質は変化です。

変化できないから倒れます。

 

まとめますと

能動的な変化の中にこそ

バランスがあり

バランス機能を伸ばすことは

固定を見るのではなく

その中で何ができるかとう動きを見て

変化をさらに増やしていく


つまり

動きを引き出していくのです。

 

たくさんの動きのパターンができると

余裕ができますから

使う力も少なくなり

自然と立位も座位も

長時間取れるようになります。

 

そして大きく揺れなくても

小さな揺れでバランスが取れるように

なります。


それは一見止まっているように見てますが、

止まっているわけではありません。

 

実は

私たちの立位はじっとしているように見えて

小さく揺れてバランスをとっています。

座位も同じように揺れています。

 

私たちは絶えず、

揺れる事でバランスを

とっているのです。

 

決して固まっている訳ではありません

固まってバランスが悪いと思った人は

まずは無理なく揺れる練習から始めるもの一つですよ。