動きのblog

主にリハビリテーションやケアで「人の動き」について書いています。

シンプルラーニングを知ろう① 何の役に立つの??

シンプルラーニングをわかりやすく言うと「動きの学習法」です。

 

今まで人は「どのように学ぶのか」という概念を体系立てらてたものがありませんでした。そこでフェルデンクライスメッドや他様々な学問を元にして作られた「学びの概念」を作りました。

 

誰しもがわかりやすいアイデアで実践できることを目的としています。

 

患者さんに動きの学習を手伝おうとして勉強を始めても

 

脳科学

システム論

情報統制理論

解剖学

生理学

運動学

 

などの具体的な理解や実践的に行える実技練習など様々なことが必要になります。

 

他にも上げればキリがありません。

もーーーわけがわかりませんよね。

どこから手をつけていいかわかりません。

  

本を読んでも難しいし、色んな事書いてあるし、みんな色々なこと言うし。

 

学習に関してたくさんのデータや論文などありますが、具体的にどうやればはっきりしない。

 

「結局どうやって、人の学びを助けらたらいいかわからーーーん!!」いう人も多いでしょう。

 

 

または

「このようにしたらいい」

とテクニックだけ教えてもらっても実際行う相手は全く違う反応したりするし、上手くいかないことも現実には多々あります。

 

そこでできるだけ、それらの要素を統合して「人がどのように学ぶのか」をわかりやすくしたものがこの「シンプルラーニング」です!!

 

結局動きの学習を手伝うには、課題の設定をし私たちが動き相手に触れ、または語りかけ手伝うしかありません。色々な論文やデーターはありますが、実際においてはそれらの質をどう高めるかが大切になります。

 

大切なのは「学び」とは何かを理解することです。その考え方のベースがしっかりしているとテクニックではなく、患者それぞの個性の中で援助者自身が考えて動きの学習を困っている人に行うことができます。

 

 

困ってる人とは

 

自分で起き上がることができない。

寝返りもできない。

座れない

立ち上がることができない。

立つ姿勢がつらい

楽に歩けない

腰が痛い

もっとサーブが上手くなりたい

踊りをより優雅にしたい

 

など、実に様々です。

私たちは生きている以上動きと離れることはできません。

 

 

シンプルラーニングを学習するとそれらの人に対して接する全ての職種に対して

「学び」のエッセンスを提供できるようになります。

 

 

立ち上がりの介助するときに

楽く立てるように学習する

 

歩行の介助するときな

歩行の学習をする

 

リハビリであれば

関節可動域訓練を

腕の使い方の練習や

筋の緊張のコントロールを学ぶような

アプローチに変えたり

 

努力的に時間をかけていた

基本動作練習を

効果的に楽に行えるようになります。

 

 

『学びのエッセンス』は1つのテクニックではなく、『人の動きの学び方の理解』ですから、介助、リハビリと色んな職種に生かす事ができます。もちろんスポーツの上達にも使えます。

 

 

使い方はとても幅広く自分の仕事にあった、動きの学習を手伝えるようになります。

 

実際、参加職種は幅広く

理学療法士作業療法士

という人の機能の向上に働きかける

 

職種はもちろん

介助する事が多い、

介護士や看護師の

参加も多いです。

 

人に触れる、動きを手伝うその全ての瞬間は学びのチャンスです。

特に毎日ケアしてる人が動きの学習を支援できることは とても有意義です。

 

あとは、動きに興味があるボディーワーカーや

施術のスキルを上げたり施術から、動きの学習につなげ効果を定着させたいと思う柔道整復師など。

 

  

参加職種は問いません。

みんなで職種の垣根なく

和気あいあいと学べるようにできています。

 

 

次の記事

ugokino.hatenablog.com

※シンプルラーニングの構成されている概念についてわかりやすく説明しています。

 

セミナー予定

シンプルラーニング学習会

こちらでセミナーを受けることができます。初めての人はベーシックコースからどうぞ。

 

 

 コースの様子です。

皆さん楽しみながら学んでいます。

 

f:id:ugokix:20170316213923j:imagef:id:ugokix:20170316213951j:imagef:id:ugokix:20170316214016j:imagef:id:ugokix:20170316214032j:image